第98回全米プロゴルフ選手権

98回全米プロゴルフ選手権観戦記

1916年に設立された米国プロゴルフ協会(PGA)が主催しているメジャー最終戦の全米プロゴルフ選手権。 今年で4年連続現地に出向き、第98回大会を練習日から観戦することができました。 ニューヨークから1時間あまりのニュージャージー州スプリングフィールドに位置するバルタスロールG..は全米で最も歴史のあるゴルフ場です。 1895年の開場以来数々の歴史を重ね、1903年の全米オープンの開催したのを皮切りに全米オープンの最多開催記録があります。 1980年の全米オープンではジャック・ニクラウスと青木功が4日同組でデットヒートを繰り返した「バルタスロールの死闘」として、日本人の記憶に刻まれているところでしょう。 2005年に同コースで開催された全米プロ選手権では、フィル・ミケルソンがトータル4アンダーで優勝しています。 全長7428ヤードPAR70のセッティングで、アウトはPAR4とPAR3だけのPAR34、インが17番と18番がPAR5のPAR36となっています。 17番649ヤードは、最長のホールなうえに砲台グリーンのタフなパー5、18番554ヤードは、ウォーターハザードの絡んだスリリングで劇的な展開が期待できる最終ホールとなっています。

 

「旅はハプニングの連続」といいますが、今回もそうでした。

まずは、ネットで予約していたはずのホテルがダブルブッキングされていてチェックインできません。 全米プロ開催期間中の周辺宿泊施設は何処も満室状態です。 仕方なく30キロ離れたホテルを再予約しなおしました。 空港で手配したレンタカーは日本車ながらナビは外付けのもので使い勝手が大変悪いのです。 日本であれば目的地を電話番号で呼び出すことができるのですが、米国では電話番号での目的地検索制度は未だに完成されていません。 ユーザーフレンドリーの観点では、機械物の操作も含め日本の「おもてなし」の心に勝るものは無いのでしょう。 たとえば、歴史のあるニューヨークの地下鉄でさえ、非接触の改札機が導入されていなく、出口では逆回転ができない回転バーを押すような様式がいまだに採用されているのですから。

 

ホテルのチェックインをすることなく、直接バルタスロールGCむかうことにしました。

まずはプレス用の駐車場に車を泊めます。 そこからは、シャトルバンでゴルフ場まで送迎してくれます。 プレス用のシャトル便は、早朝5時から夜の1120まで運行されているから驚きです。 バルタスロールGCのゲートを通り抜け、セキュリティーゲートで身分チェックを受けて、いよいよ「メディアセンター」でプレス登録を行います。 今年は

ゲートでのセキュリティーチェックが強化されているのはもちろんのこと、プレスセンター内でも麻薬捜査犬によって毎回荷物を検査される徹底振りでした。

4年目で既に顔見知りになったMrs.Una Jones プレスチーフに挨拶をして、昨年の全米プロの取材掲載雑誌を手渡しました。 ネットを通じたプレス登録以降、全米プロ選手権にまつわる数々の広報がメールで送られてきます。 選手権開催中もプレス関係者に対して様々な情報メールが送られてきます(各日の成績表、組み合わせ、スタート時間、サスペンドの状況、インタビュースケジュール、ルール問題などなど、期間中だけでも20回を超える案内がメールで送られてくるのでタイムリーな取材が可能となります)。

プレステントは、テニスコートが3面以上入る大きさです。 300席以上のメディアデスクの前面には幅30メートルを越える大型スクリーンが設置されています。 プレステントの中には、マッサージルームも併設されています(料金は1分1ドルです)。

コース内は、水曜日の練習日にも関わらず既に大勢のギャラリーが詰め掛けていました。 夕方でしたが、明日からの試合開始にそなえてコース全景を知る必要があるので、駆け足で18ホールを歩くことにしました。 

バルタスロールGCは、高低差が20ヤード以内と比較的フラットです。121年の歴史を感じられる大木がホール間に有るのも特徴的です。 ホール間も隣接しており、観客が観戦するのには大変易しいゴルフ場です。 毎日4万5千人に観客のために「レストルーム」はコース内に12箇所(1箇所当り平均30個のトイレを設置)あります。 ドリンクショップは、全12箇所、軽食スポットは、全9箇所も設置されています。 

ギャラリースタンドは、コース内に13箇所設置されています。 特に大きな池の有る4番PAR3には、3つの観覧席がグリーンを取り囲むように設置されていてシグニチャーホールとしての位置づけが感じられます。 また、15貼りのカンパニーテントが設置され、VIPの観客に対応しています。 一番大きなテントは、「チャンピオンシップ・ショップ」で、テニスコート6面分が入る大きに、ウエア、帽子、アクセサリーなどが所狭しと並べられています。 「PGA メンバークラブ」テントは、PGAメンバーのために設置されています。 これは、全米プロゴルフ協会メンバーだけでなく、日本PGAメンバーでも利用可能になっています。 是非、日本のPGAメンバーも現地まで赴き、観戦してもらいたいものです(JPGAメンバーであれば、入場チケットも無料です)。

アメリカでは、サマータイムがとられているために、日没が8時15分とかなり遅くまでラウンド可能となります。 したがって予選ラウンドは、朝7時スタートから始まり、最終スタートは、午後2時15分まで合計52組、156人の参加選手となっています。

 

初日の夜中、ベットで両足がつって七転八倒。 日本からの長旅に加えて、到着後そのまま18ホールを歩き、そして予定外のホテルにチェックイン。 疲労がマックスに達したのでしょうか? いままで片足がつって目が覚めた経験がありましたが、両足同時は始めての体験でした。 この先どうなることか、文字通り、先が思いやられる、とはこのことでした。

 

全米プロは、ボランティアに支えられていると言っても過言でないでしょう。 

3600人を越えるボランティアが、練習日の月曜日から日曜日まで持ち場を決めて担当しています。

16歳の息子と一緒に半年前に申しこみました。 1週間、仕事の休みを取ってね。」と3番ホールティーインググラウンド担当です。 ボールの行方を示す黄旗を持ち、各プレーヤーのティーショット後にボールの方向に合わせて旗を振っていました。

「息子の持ち場は、チャンピオンシップ・ショップです。 若い女の子が多く張り切ってやっていますよ!」と話していました。 ボランティアと言っても、各人が125ドルを払ってキャップ、ウエア、半パンツ、雨具などを購入する必要があります。 「自分自身のシフト(通常1日約5時間)以外は、観戦することができるから安いもんだよ。 息子と一緒に観戦して楽しんでいるよ。」と意に介さないようです。

 

今年の全米プロは、悪天候との戦いでもありました。 予選ラウンドは、スケジュール通りラウンドできましたが、3日目の雷雨サスペンドのため半分以上の選手が最終日の早朝に第3ラウンドを消化しなければなりませんでした。 松山英樹プロなど最終組に近い選手は最終日に36ホールをプレーしなければならないタフな長い一日となりました。

予選2ラウンドを終わって、日本人3選手の活躍が目立ちました。

全米オープン、全英オープンと今期直前の2つのメジャーで予選落ちをしている松山英樹プロは、6967、トータル4アンダー、9位タイで予選通過しました。 ショットでチャンスにつけながらパットが入らない状態を考えれば、好位置をキープしたところでしょう。

応援に駆けつけた東北福祉大学の阿部監督と渡辺謙さんがパットを外すたびにため息をついていたのですが、36ホール目の18番で、3メートルの下りのバーディパットを決めた瞬間、両手を上げで「YES!!」と叫んでいました。

「今シーズン、前のメジャー2大会に予選落ちしたことを考えたら、チャンスのパターが入らなかっただけなので、今後の展開が楽しみです」と阿部監督がコメントしていました。 

松山プロは、3日目のラウンド開始前に雷雨サスペンドになったために、最終日が36ホールをラウンドすることとなり、6時前からコースに入りました。 早朝7時からの第三ラウンドを4バーディー1ボギーで回り4打差の5位につけました。 2時間以上の練習の後、続けての最終ラウンドはボギー無しの2バーディー。 4ラウンド目、1番は好アプローチからナイスパーセーブ4番でも3メートルのパーパットを拾います。 しかし、7番では4メートル、92.5メートル、122メートル、17番では1メートルのバーディーパットをことごとく決めることができませんでした。 ストロークの問題よりも、パッティング

ライン読みの不安から厚めにストロークをし、プロサイドに外すケースが数多くみられました。 厚めにラインを読むために、ストローク自体をしっかりととることができず弱めのインパクトとなる、悪循環になっていたのではないでしょうか? これはメンタル面での問題でもあるので、今後の松山プロの課題となると思われます。 最終18番72ホール目に2メートルのバーティーパットをようやく決めてトータル9アンダー、メジャー自己最高4位タイでフィニッシュしました。

「悔しいのもある。でも4日間、久しぶりにいいプレーができたことがうれしかった」とのコメントは、全米オープンと全英オープンを共に予選落ちした後の最後のメジャーだからこそでしょう。 「伸ばすためのパットが入らないと勝負にならない。 それが、今の実力。 そこが、これからの課題かな」と本人が現状分析しているとおりでしょう。

全米プロ開催中、松山プロの熱心な練習風景に何度も遭遇しました。 今までも練習量が多いことでは定評がありましたが、それだけ全米プロへの思いいれも相当のものだったようです。 「来年のメジャーに向けて練習したい」と言うように今後のメジーにむけて目が離せなくなりました。 今後の松山プロの活躍がますます楽しみになった大会でもありました。

リオオリンピック出場を控えている池田勇太プロは、谷原秀人プロと共に、3アンダー13位タイで見事予選通過しました。

3日目の組み合わせで、池田勇太プロは世界ランク2位のジョーダン・スピース同組みとなりました。 出だし2ホールを連続ボギーとしましたが、最終日にずれ込んだ3ラウンド目と4ラウンドの合計34ホールを2アンダーにまとめました。 最終日72ホール目の18(554ヤードPAR5)6メートルのイーグルパットを、スピースのお株を奪うようなジャストタッチで見事にカップイン。 ガッツポーズ後は、最終ホールを取り囲む観客からの大歓声に両手を挙げて答えていました。 プレー終了直後、ジョーダン・スピースと握手するときに深々と頭を下げて挨拶する池田プロの姿が印象的でした。

谷原秀人プロも、初日1オーバー71で出遅れたのを、二日目4アンダー66で盛り返しました。 3ラウンド目は3オーバー73でしたが、4ラウンド目は、3バーディ・0ボギーの67でトータル3アンダーまで盛り返しました。 「もう少しパットが入ればトップ10も見えてくる」とコメントしているように大きな可能性を感じた大会になったようです。

 

初日からトップを守り続けた、ジミー・ウォーカー(37歳)が世界ランク1位のジェイソン・デイを1打差でかわして優勝しました。 2013年に米ツアー出場188試合目の34歳の時に初優勝をしています。 遅咲きのウォカーは、大会前までの世界ランク48位で、今回はダークホースの存在でした。

最終ラウンドでは、前半の9ホールを連続パーでしのぎ、10番のバンカーからのチップインバーディー11番の10メートルのバーディーパットを決めて13アンダーとし、抜け出しました。 17番でバーディーとし14アンダーとしましたが、その直後、デイが18番でイーグルパットを決めて、13アンダーと肉薄しました。 バルタスロールGCの最終ホールは、ドラマが生まれるセッティングになっています。  554ヤードPAR5と、ほとんどのプレーヤーにとって2オン可能な距離です。 しかしフェアウエイ左サイドには大きなオーターハザード、右サイドには4つのバンカーが横たわっており、ティーショットの正確性が要求されます。 「リスクを犯せばリワードが得られる」という見事な最終ホールです。 初日から、ダスティン・ジョンソンをはじめ多くの選手が18番の池にティーショットを打ち込んでいます。 その反面、4日間で18個のイーグルが18番で出ているのも事実です。 世界ランク1位でディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイが72ホール目に勝負にでました。 ティーショットを果敢に攻めてフェアウエイをキープし、セカンドショットでピン真っすぐに飛んだボールは、見事カップから4メートルのイーグルチャンスにピタリと止まりました。 その時、18番グリーンサイドの歓声は、半端なものではありませんでした。 そしてドラマが待っていたのです。 観客からの大歓声で18番グリーンに迎えられたデイ。 そして静まりかえった観客が一点に集中する中、下りのスライスライン、4メートルのイーグルパットを見事にカップインさせたのです。 sの時の歓声は、イーグルチャンスに2オンしたときの半端ない歓声の何倍もの物でした。 「割れんばかりの歓声」いや、それ以上のものでしょう。 またしても鳥肌が立ちました。 世界ナンバー1は、何かをやってくれます。 そしてその場に立ち会えてたことに幸福を感じました。

「ドラマをありがとう」と1人の観客が呟くように言いました。 ゴルフゲーム以上に、彼らは筋書きのないドラマを見に来ているのでしょう。 それに対して見事に選手が答えているのです。 これこそが、世界最高峰、米ツアーの本領なのでしょう。 だからこそ、ゴルフをしない多くの人々が1100ドルもの入場券を買い求め、毎年売り切れとなるのでしょう。 あらためて選手と観客が一体となってなしえる舞台の素晴らしさを、現地で感じることができました。

 

そして、そのドラマには、続きが有りました。 デイのイーグルパットを決めたのを、セカンド地点で見ていたウォーカーが、グリーンを狙うショットを右手前のギャラ入りーの中に打ち込むアクシデントがおこったのです。 10メートル以上上がっている砲台グリーンに、前日からの豪雨で水を含んだ深いラフからの難しいショットが残ってしまいました。 観客はざわつきます。 メジャー初優勝の半端ないプレッシャーが掛かっているジミー・ウォーカーに観客一人一人がなりきっているのです。 まさにドラマの主人公に自分自身を感情移入しているようなものです。 そこから10メートルに寄せ、2パットのパーとしてメジャー初優勝を手にしました。 最後まで「手に汗握る」展開でした。 ウィーカーにとってのハッピーエンドに、18番グリーンを取り囲むギャラリーから暖かい、そして惜しみない拍手が長い長い間続いていました。 それは、今回は助演男優となったデイに対してのものでもありました。

「自信を持ってプレーしました。 自分自身に。そして自分自身がやるべきことに。そして自分のゴルフスイングにも自信を持ち続けました。 スタッフ一同を信じ、今までやってきたことをやり通しました」とジミー・ウォーカーはコメントしています。 37歳、円熟味を帯びたウォーカーの「自信を持つことと信じること」が今回の勝利のキーワードと言えるでしょう。

 

日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロ 大東将啓